思い出に残る、振袖での成人式

私が着た振袖を下の妹まで 20歳だから着られる華やかなピンクの着物で成人式へ参加

成人式の振袖は、周りの子はレンタル衣装で借りる子が多かったですが、私の両親が「妹の代まで着られる」「色味の出方がとてもきれいだから」ということで、
振袖を新しく新調してくれました。

色味で悩むことはなく、「若々しく華やかな色がいいね」ということで両親と意見が一致したこともあり、ピンク色の振袖を準備しました。
とてもきれいな色の着物が仕上がり、着るのがとても楽しみでした。
成人式の当日には、実家へ帰省して参加したのでばたばたと忙しかったですが、朝早くから着付けに向かい1時間半ほどでヘアセットと着付けをしていただき、
着付けが終わった後に写真屋さんで写真撮影をしてもらいました。

今では写真スタジオも衣装をレンタルしてくれるような手軽に利用できる写真スタジオがいろいろありますが、
私が成人式を迎えたときはまだあまり写真スタジオも少なく、今どき珍しい地元で昔からやっている写真スタジオで写真撮影をしてもらいました。
普段座ることのない豪華な雰囲気の椅子に腰掛けた状態の写真と、立って3~5通りほど写真を撮ってその中からアルバムを作ってもらい、とてもいい思い出になりました。
昔からやっている写真屋さんということもあり、写真の取り方も、振袖の柄の出し方も上手で手際よく写真を撮ってくださいました。
振袖の仕上がりも「とてもきれいな柄ですね」とほめていただき、その日はいろんな方に「レンタルじゃないからとてもきれいな色味が出ていてきれいですね」
と言っていただいたので、私もなんとなくうれしく思いました。

成人式では中学・高校卒業以来に会った友人たちと再会し、大きな同窓会のようでとてもにぎわっていました。
地元の市内にある中学校が一か所に集まったので、人がとても多かったですが小中高と知っている人に会って、みんなが同じように成長したことを感じた日でもありました。
振袖も赤や黒などいろんな色の振袖が多かったですが、やはり人気色は赤やピンクの華やかな色味が多かったように感じました。
黒や紫といった色の振袖の子もいましたが、少し色味をおさえたシックな雰囲気になるので、個人的には「今しか楽しめない色」を選んだことをとても気に入っていました。
シックな色味の振袖もそれぞれの雰囲気があり、とてもきれいでした。

成人式は結婚式へ参加するのと違い、華やかに着こなすことができるので成人式はヘアセットもきれいにしてもらうといいと思います。
髪飾りに白の髪飾りをつけてもらいましたが、着物の雰囲気と髪飾りの雰囲気が合って、華やかさがさらに増したように感じます。
一生に1度の成人式なので華やかに、楽しい思い出を作る日となるといいなと思います。