思い出に残る、振袖での成人式

思い出に残る、振袖での成人式

私は、成人式の時に着た振袖のことをとてもよく覚えています。
私には私よりも年上のお姉ちゃんが二人います。
そのお姉ちゃんの二人共がおばあちゃんに振袖を買ってもらっているのです。
その振袖は、おばあちゃんに買って欲しいと頼んだわけではなく、おばあちゃんが、孫のために振袖を買ってあげたいという気持ちから、進んで買ってくれたものです。

私は、ちょうどハタチの頃は、ボーイッシュな服装ばかりをしていて女性らしい服装というのが好きではありませんでした。
なので、振袖を着るのも正直言うとあまり気乗りがしていませんでした。
なので、私もおばあちゃんに「振袖を買ってあげるから、展示会に行こう」と誘ってもらって、展示会に行っていろいろな振袖を試着したのですが、
結局試着をしただけで買うことなく終わりました。
なぜ、私が振袖を買ってもらわなかったのかというと、親戚のお姉ちゃんが着た振袖の写真を見せてもらい、それがとても気に入っていたからです。
ハタチの女性が着る振袖といえば、ピンクや赤、ブルーなど、明るい色や可愛らしい柄のものが多いです。
ですが、親戚のお姉ちゃんの振袖は黒色でした。
さらに、袖の部分に大きな刺繍で花の刺繍がされていました。

その振袖を見ると、他の人が着ているのとは違って、とてもかっこよく見え、さらに他の人とは絶対に同じものがないということで、
前々から「成人式の時には、この振袖を借りよう」と考えていたのです。
なので、このことを伝えて、おばあちゃんが振袖を買ってあげるというのを断りました。
私としては、おばあちゃんに、無理なお金を出してもらうことなく成人式を迎えられるので、おばあちゃん孝行をしたと思っていました。
ですが、数年後におばあちゃんが亡くなり、母親から「おばあちゃん、振袖買ってあげたかったんやで」と言われる機会がありました。

私としては、お姉ちゃんから借りた振袖がとても綺麗で、ほかの人からも「黒いのは珍しいね」と言われたりしていて、その振袖を着たことにとても満足をしているのですが、
おばあちゃんの気持ちを考えると、私以外の孫と同じように、私にも買ってあげたかったという、とても優しい気持ちがあったんだなと、思いました。

おばあちゃんに振袖を買ってもらうことはありませんでしたが、このように、自分のこと以外に、家族のことを考えてくれる優しい気持ちを忘れずに、
成人式の時の写真を見るたびに、おばあちゃんのことを忘れずにいられるなと思いました。


東京で成人式の振袖レンタル・写真前撮り・後撮りならクリエイティブフォトスタジオ・エイム

東京で成人式の記念撮影ができる写真館